あらゆる「車の美しさ」を実現するキーパーコーティングと洗車の専門店 KeePer LABO

  1. トップ
  2. キーパーコーディングとは
キーパーコーティングはお車のアンチエイジング

塗装は、コーティングより強いのが当然

車の「塗装」とは、車を錆などから守り、車としての美観を作り出す意味で最高であり最強です。
後から手塗りなどで上乗せしたコーティング被膜のほうが強いとは考えられません。耐候力、
美観、復元力、修復の利便性など総合的なバランスにおいて現代の塗装が最強であると言えます。

イメージ

それでも、塗装は傷むことを完全に防ぐことは出来ない

塗装は自然環境の中で紫外線に晒され、酸性雨を浴び、また、走行中の空気やホコリとの摩擦、洗車ごとに塗装はブラシや手で擦られ、年々劣化していくことはなかなか防ぐことはできません。
どんなに健康な人間でも止めようもなく年齢が進み年老いていくことと似ています。
しかし、人間にもアンチエイジングとして老化を防止する方法があるように、車の塗装にもアンチエイジングの方法はあります。

■塗装の劣化事例

塗装の劣化事例

紫外線に当たり、白ボケし、ツヤが落ちてきた塗装。左半分だけにコーティングを施行した結果、ツヤが見事に元に戻りました。

コーティングとは、塗装の身代わりとなって傷む「犠牲被膜」

キーパーの理論は、コーティングを塗装保護のための「犠牲被膜」と考えることです。塗装上のコーティング被膜は、塗装の身代わりとなって紫外線を受けて傷み、塗装の身代わりとなって酸性雨を受け、黄砂を含んだ雨を受け塗装の身代わりに傷み汚れます。
コーティングとは「傷むこと」が本来の役割である「犠牲被膜」と言えます。
重要なのは、塗装の身代わりとなって傷んだコーティング被膜を、再施工やメンテナンスによって容易に入れ替えが出来ることなのです。
塗装の上で自らが犠牲となって傷み、汚れ、定期的に入れ替えられるべき犠牲被膜だからこそ、コーティング本来の役割を果たすという考え方は特許となっています。

最も大切にすべきは、「新鮮な塗装」。
自らが犠牲になって塗装を守ることが
コーティング本来の役割です。

コーティング自らが劣化することで、
塗装を守ります。

イメージ

キーパーコーティングのラインナップ

■キーパーコーティングは、20年前に1種類のポリマーコーティングからはじまりました。

  • ピュアキーパー
  • クリスタルキーパー
  • ダイヤモンドキーパー
  • ダブルダイヤキーパー
  • ダブルダイヤキーパープレミアム

現在は、
・3ヶ月サイクルで施工するポリマーコーティング「ピュアキーパー」と、
・1年サイクルで施工するボディガラスコーティング「クリスタルキーパー」、
・ノーメンテナンスで3年耐久、1年に1回のメンテナンスで5年耐久の
 ボディガラスコーティング「ダイヤモンドキーパー」、「ダブルダイヤキーパー」、
 「ダブルダイヤキーパープレミアム

5種類とも、車の塗装を劣化させず、新車時の状態をキープする
「車のアンチエイジングのためのコーティング」として施工されています。

このページの先頭へ戻る